2012年12月14日金曜日

Funky Drummer!!

朝にスタジオに一人で入ってみた。
深夜の練習の時よりも格段に体が軽い!!

最近以前よりも良い睡眠が得られるようになっている事も大きいし、やはり、晩より朝の方が心身共に調子が良いみたい。

スタジオから出てきたら「ドラムマガジン」のバックナンバーが置いてあって、昔から活躍しているバンドの女性ドラマーの人などが登場して、体のケアやメンテナンスに関する特集記事が組まれていた。この女性ドラマーは昔からこの雑誌で見かけていたけれど、やはり長く第一線で活躍しようと思ったら、体の事を気遣いながら続けるのは当然の事なのだろうと思う。

最近は、仕事の合間の時間がやや空くので、かさばるけれどもスティックやメトロノームや練習パッドやウォークマンを持ち歩いて、公園などでちょこっと練習をすることにしている。
毎日少しずつやれば、色々身につくだろうし、やはり、ドラム演奏に必要な筋力を日々衰えさせてはならない。

帰りに、ドラムショップで昔に買った重たいドラムペダルを見てもらって、買い替えなアカンか、と覚悟していたところがスプリングとビーター(バスドラムの打面をヒットする部分)の交換のみで済んだ。持ち運びはやや重たいけれども、自分の足に馴染むものをずっと使うことが出来るのは有り難いことだ。

傷だらけのグレッチの中古ドラムセットが破格の値段で置いてあったけれど、今の自分はそれを購入する財力はないので、ドラムに関する本やファンクドラマー(ジェームス・ブラウンのバックで叩いていた、カッコイイビートを刻む人たち!)の映像作品などを購入した。


クライド・スタブルフィールドという人の名前は、以前に観た映像作品の中でブルース・ドラマーの人も触れていて、やはり、カッコイイフロントマンの影にはカッコイイビートを紡ぎだすドラマーやベーシストありきなんだなあ~、と実感させられる。


0 件のコメント:

コメントを投稿