2012年11月12日月曜日

You’re my midnight dream. / Yokohama Honky Tonk Blues.



ブログの初回にも書いたけれど、やはり最近はキャリー・ベルのこの曲の入ったアルバムを早朝から深夜まで、何度も何度も聴いている。

特にこの曲の、「You're my all day steady,and you're my midnight, midnight dream.」(ものぐさなので、聞き取ったままを書いてます。合っているかな)という歌詞が、今とても自分の中にグッときている。
敢えて日本語に訳したりせずに、英語のニュアンスをアタマの中で何度もかみ締めて味わってみる。
ああいいよね、キャリーのラブソング。
この曲、なんとなく日本の侘び寂びにも通じる静けさがあってステキ。












昨晩、大阪のギター・ボーカリスト某さんがこの曲のことを日記に書いていて、思わず、松田優作さんの「ヨコハマBJブルース」(1981年くらいの映画作品)は大好きな作品です、と書いたら、この曲を含めた挿入曲を全部覚えてはって、自分よりもこの映画作品の熱狂的なファンがいてることに驚かされ、嬉しくなった。

ちなみに上の映像は、内田裕也さん主催のニューイヤー・ロックコンサートからのものらしい。
本当は、映画作品「ヨコハマBJブルース」の中で歌っている松田優作さんが一番格好良いと思っている。原田芳雄さんより、この曲がピッタリくるのは松田優作さんだろうと思っている。
この頃の優作さんはまだ30代前半だけども、ちょっと「野獣死すべし」の時の狂気を顔の表情なんかに引きずっている感じがする。優作さんは、片手間じゃなく、本気で歌に取り組んでいたらしい。












余計ですが・・・。観ると眠れなくなる、リップ・ヴァン・ウィンクルのお話です。(笑)
from「野獣死すべし」
http://www.youtube.com/watch?v=ETZuh9D8LY8&feature=related

0 件のコメント:

コメントを投稿