2012年11月19日月曜日

Blues Harmonica Triangle (Blues ivent,in Osaka)! 



17日、大阪の豊中・曽根のアレサというお店で、東京のKOTEZさん、京都の大野木一彦さん、伊勢のアイパー大西さんの三人のハーピストが勢ぞろいの「ブルース・ハーモニカ・トライアングル」というイベントが行なわれました。


前から、ハープののぎいさん(大野木さん)の写真をいつもブログ用に撮影しているのですが、サングラスをかけてはるので目の表情がわからなくて、なんだかいつも同じように映って見えてしまうなあ・・・とついこの前日に思っていたところ、「家にサングラスを忘れてきてしまいました、いつもよりよう見えて緊張する!」とおっしゃって演奏を始められました!

(私はメガネののぎいさんもチャーミングで好きなので、たまにメガネでお願いします!!)



今回は、楽しそうな写真がたくさん撮れました。内容的なことは、大野木さんやTAKAGIMANさんのブログで語られると思いますので、こちらでは主に写真をアップさせていただきます。


























































アレサが天井の高い所なので、音の抜けも独特のものがありました。
TAKAGIMANさんのドラムのダイナミクスが、より増幅されて聴こえて、格好良かった。

バックのSeeds of Reedの皆さんの演奏も、ハモニカの方々と息が合っていて、とても良かったです。
サックスのAyakoさんの演奏を9月に聴いてから、改めて、昔からのブルースにはサックスプレイヤーの参加している演奏が多いことに気付かされました。「吹く」楽器の音色には、独特の非常にセクシーな魅力があると思っています。

注目のハーモニカプレイヤー三人の出演ということで、来ているお客さんも、ハーモニカをやっているような方が結構おられたように思います。

後半のほうで、やはり踊って楽しんでいるお客さん方がおられましたね!!

アイパーさんにはホントにキャリー・ベルが乗り移ってる!ということがわかりました。例えが変わってるかもしれないけど、なんだか活きのいいお魚みたいな方だな、と。キャリーばりのクロマチックハーモニカのビブラートが素晴らしかった。
KOTEZさんは、歌う時の声がとても高くて、陽気で明るいアメリカンなイメージ。いつも楽しませてくれる方。
のぎいさんには、色んな想いがありすぎて、ちょっとひと口には言い表せません!



TAKAGIMANさんのブログ。
http://takagiman.jugem.jp/

大野木一彦さんのブログ。
http://www.nogioh.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿