2012年10月3日水曜日

Talk with Friend.


日本で有名なブルースバンドのドラマーが亡くなった。

そのバンドの曲は昔FMラジオで流して聴いたくらいで、あまりじっくり聴いていなかった。
私は昔からヘソ曲がりなのか、あまりにもメジャーになっている日本のオリジナル・ブルースのヒトの音楽は、嫌いではないけれど、敢えて聴かないようにしていた。


知人とそのバンドの話から、色々あって、「オリジナルをやっているヒトとカバーをやっているヒトはどっちが良いと思うか?」というような、とりとめの無い、聞く人が聞けば大変くだらない話になった。

知人は、カバーでオリジナルを凌ぐのはダニー・ハザウェイの「What’s Goin’ On」くらいだ、と(このヒトは黒人ブルースには全く関心がない)言っていて、基本的にはオリジナル支持派だった。

私は、数年前に初めてブルース・ハーモニカのヒトたちを中心としたライブを観て、その迫力に圧倒された。その上で昔の黒人ブルースハーピストたちの原曲も聴いて、おお~っ!と思った。
もし、最初に出会った日本のハーピストのヒト達が居なければ、そのヒト達の演奏する曲の原曲など、死ぬまで聴くこともなかっただろう。
そして、世界の優れたブルースハーピストのヒト達は、むしろ、そういった昔の個性的な曲の数々を、後世にまで伝える使命を持っているのではなかろうか、とさえ思っている。
たとえご本人たちがただ好きで演奏しているだけだとしても、ある側面から見れば、こういう考え方も出来る。


だから、カバーだと言って、決して演奏者を馬鹿にするようなことはあってはならない、と私は思う。
音楽って、奥が深いもんね。




0 件のコメント:

コメントを投稿